ホームおいしい山形コーナー >5月30日Jリーグヤマザキナビスコカップに、着ぐるみペロリン初登場! モンテディオ山形サポーターにも大好評!

平成21年6月3日掲載

※1年以上経過しているので情報が古い可能性があります。

着ぐるみペロリン、NDスタジアムで初登場のご挨拶!

5月30日、NDスタジアムで開催された「Jリーグヤマザキナビスコカップ 対ジェフユナイテッド千葉戦」で、サポーターに着ぐるみペロリンのお披露目イベントが開催されました。
  スタジアムでも既にお馴染みのペロリンマークが、この度は着ぐるみで初登場。「ペロリンに会えるのを楽しみにして来ました!」と早くも声がかかり、サポーターの皆さんからの人気も上々です。
 キックオフ1時間前に、着ぐるみペロリンがモンテディオ山形のマスコット「ディーオ」と一緒にピッチに姿を現すと、「かわいい〜」「頑張れ〜」という声援と大きな拍手で迎えられました。
 引続き、山形県農林水産部新農業推進課の斉藤主事が、「今日は、おいしい山形推進機構のマスコットペロリンと一緒に応援に来ました!山形はおいしい物の宝庫です。皆さんも山形のおいしい物をたくさん食べて、勝利のために応援しましょう!ジェフユナイテッド千葉の皆さん、山形のおいしい物をたくさん食べていって下さい。そしてお互い頑張って応援しましょう!」 と、着ぐるみペロリンの披露と合わせて、来場者に挨拶を述べました。

ペロリンとディーオ

ペロリン「いよいよぼくもJ1デビューだペロ〜!緊張するペロね〜」

斉藤主事ご挨拶

▲「ペロリンが応援にかけつけてくれました〜!」、スタジアムに初登場の着ぐるみペロリン。客席から大きな拍手が送られました。

ペロリン中央広場に出現!子ども達と笑顔のふれあいタイム

ピッチでのお披露目後、着ぐるみペロリンは中央広場に姿を現しました。
 姿を見つけるや、子ども達が一目散に集まって取囲み、うれしそうにペロリンと触れ合いました。携帯のカメラを向けて、記念撮影をするサポーターの姿もたくさん見られました。

中央広場・ペロリンとディーオ

▲ふわふわした大きな山の様なペロリンにタッチして、笑顔いっぱいの子ども達。

中央広場・ペロリンとディーオ

▲「ぷくぷくしてる〜」と、あっちこっちペロリンにタッチ。握手したり声をかけたり、たちまち子ども達の人気者になりました。

携帯電話カメラで撮影

▲携帯のカメラで記念撮影をするサポーターに応えて、「どうぞよろしく!」のポーズをとるペロリン。

工藤魁斗君(山形市)

▲「かわいい〜」と言って、一緒に「いい顔」を披露してくれた、工藤魁斗君(山形市)。

佐藤友里絵恵さんと設楽晴子さん

▲「とにかくかわいいです。モコモコしてる。足が短くて愛らしいです」(右・佐藤友里恵さん)、「ブログに使います」(左・設楽晴子さん)と携帯のカメラでペロリンの写真を撮っていたお二人。「J1残留頑張って!」と、モンテディオ山形にもエールを送ってくれました。

中嶋久美子さんと高柳佐保さん

▲「昨日テレビで見たばっかり。今日はそのペロリンが来るなと思って楽しみにして来ました!即、スタジアムに来てくれた事がうれしい!」(右上・中嶋久美子さん)と、「製品のマークになってて、子ども達が大好きです。マスコットになってうれしい」(左上・高柳佐保さん)。

ナビスコカップ戦でも「山形のおいしい物」がお迎えしています!

リーグ戦同様、ナビスコカップ戦でもスタジアムでは山形のおいしい物がお迎えしています。
 お馴染みの飲食物露店はもちろん、本日は村山市の特産品を販売する特設ブースがスタジアム入口に設けられました。村山市のおいしい物が勢揃い、サポーターの皆さんに喜んでいただきました。

東沢バラ公園・さくらんぼ販売

▲山形の初夏の味覚「さくらんぼ」を販売中の「東沢バラ公園」さん。

東沢バラ公園・バラのアイスクリーム

▲こちらは同じく「東沢バラ公園」さんで販売中の、「バラのアイスクリーム」1個250円(税込)。

田中菓子舗さん(村山市)

▲「田中菓子舗」さんは、サッカーの本番イギリスのレモンケーキ1ホール900円(税込)を販売。

(有)中里工業しろとりだちょう村(村山市)

▲自慢の「村山育ちのダチョウのサラミとジャーキー」を販売中の「(有)中里工業しろとりだちょう村」さんのテントです。

道の駅村山さん(村山市)

▲こちらは「道の駅村山」さんのブース。おすすめは「焼だんご」。

道の駅村山さん(村山市)・いも煮

▲こちらは、「道の駅村山」に設置の大きなお鍋を持ち込んで作った山形名物「いも煮」、1杯350円(税込)。

布川菓子店さん(村山市)

▲本日限定「勝ち栗まろんパイ」がおすすめといいう布川菓子店さん。

炎のカリーパン・千葉バージョン

▲毎試合話題の炎のカリーパン「対戦相手を食っちゃおうシリーズ」、今回も千葉県の特産品が入っています。

選手から、ペロリンぬいぐるみ投込みプレゼント!

試合前のウォーミングアップ時に、ペロリンぬいぐるみの投込みプレゼントが行われました。
 16人のモンテディオ山形の選手がペロリンぬいぐるみを手にピッチに登場、サポーター席目掛けて、ぬいぐるみを投げる度に大きな歓声が上がり、試合前のスタジアムは大いに沸きました。

ペロリン投込み・選手整列

▲投込みプレゼント用のペロリンぬいぐるみを手に、ウォーミングアップのためピッチに登場したモンテディオ山形の選手の皆さん。

ペロリン投込み・財前選手

▲どこに投げようかな?と思案中なのは、財前宣之選手。サポーター席からは、「こっちこっち」と、しきりに声が掛かります。

ペロリン投込み・清水選手

▲青く染まったサポーター席目掛けて、まずは清水健太選手が力強く第1投!ペロリンが宙に舞います。

ペロリン投込み・石井選手

▲「投げますよ〜」っと、投込みポーズは石井秀典選手。腕力の見せどころ、後部のサポーター席まで飛んで行け!

ペロリン投込み・サポーター席

▲サポーター席では、ぬいぐるみをキャッチしようとたくさんの人が駆寄ります。さて、誰の手に届くかな?

ペロリン投込み・メインスタンド

▲投込まれたぬいぐるみをゲットし、うれしそうな表情のサポーターのみなさん。

キックオフ!ハーフタイムに勝利を期してペロリン再登場!

午後2時キックオフ、ヤマザキナビスコカップ第4節、対ジェフユナイテッド千葉戦が始まりました。
 前半、4月のリーグ戦では1-0で千葉に勝利していることから、ホームに迎えての試合にサポーターの期待は高まるものの、0-0でのハーフタイム入りとなりました。

 ハーフタイムには、ペロリンが勝利を期してピッチに再登場。ディーオと一緒にピッチを廻りました。

  後半戦が始まり、モンテディオ山形も果敢にゴールを狙いますが、23分に攻めていながらも千葉にゴールを許し0-1。その後もシュート数を後半11本と伸ばしましたが得点とならず、0-1で試合終了となりました。この時点で2勝1敗、勝ち点6でカップ戦Bグループ2位となりました。

試合・長谷川選手

▲前半、高いヘディングでパスを繋ぐ長谷川悠選手。長身を生かした迫力あるプレーに、長谷川コールが響きます。

試合・宮本選手

▲粘り強くボールをキープする宮本卓也選手。

ハーフタイム・ペロリンとディーオ

▲ハーフタイムに勝利を期して、ディーオと一緒にピッチを廻るペロリン。

ハーフタイム・ペロリンとディーオ

▲「ペロリン!」、「ディーオ!」とサポーター席から送られる大きな声援に、仲良く並んで応えます。

ペロリンとつや姫看板

▲平成22年デビューの「つや姫」の看板と、一足先にデビューした着ぐるみペロリンの記念撮影。

ペロリンとサポーター

▲サポーターの皆さんともすっかり仲良しになりました。モンテディオ山形の勝利を期して、力強く握手を交わします。

後半・財前選手

▲後半戦開始。今日はFWでスタメン出場の財前選手。

後半・長谷川選手

▲ゴールを目指して猛進する長谷川選手。

電光掲示板

▲試合終了、スタジアム設置の電光掲示板は0-1のまま、惜しくも試合は終了となりました。

試合終了・清水選手他

▲今日の勝利は逃したものの、次回の勝利を信じ、サポーター席からは惜しみない拍手と声援が送り続けられました。

ペロリン、本日最後の仕事は「お見送り」!

暖かい声援に迎えられてスタジアムに初登場したペロリン、本日最後の仕事は「お見送り」です。出口に向かうサポーターと握手を交わしたり、「頑張れよ!」と声を掛けられたり、皆さんのお見送りを務めました。
 モンテディオ山形の活躍は、大切な山形の魅力の一つです。これからもサポーターの皆さんと一緒に、着ぐるみペロリンもスタジアムで応援します!ペロリンの活躍にもご期待下さい。

ペロリンお見送り

▲帰り際もペロリンを慕って集まってくれる子ども達が止みません。「これからも応援一緒に頑張ろうね!」の気持ちを込めて、本日ラストの記念撮影。

油井拓さんと角田悠さん

▲「今度は勝利をいただきます!」。2006年開催ゲートフラッグコンテストの際に作ったペロリンフラッグを持参してくれた油井拓さん(左・白鷹町)と角田悠さん(右・仙台)。