ホームおいしい山形コーナー > 山形県産“啓翁桜”による「黒塀横丁桜フェア2010」

平成22年2月5日掲載

※1年以上経過しているので情報が古い可能性があります。

東京駅の商業施設「黒塀横丁」のレストラン街で、2月1日より山形県から直送したおよそ2,500本の啓翁桜(けいおうざくら)による装飾「黒塀横丁桜フェア2010」が開催されています。
 エリア一帯は、黒塀を背景にライトアップされた啓翁桜の並木路となっており、シックな日本の春の雰囲気。撮影スポットも設けられ、カメラを手にした多くの方にひと足早い春を楽しんでいただいています。
 フェアは2月14日まで。なお、引き続き15日からは東京駅内「グランスタ」で、山形県産日本酒の販売イベントが行われます。

山形県産“啓翁桜”による「黒塀横丁桜フェア2010」

東京駅内「グランスタ」における山形県産「日本酒」の販売