メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム新着情報・トピックス > 平成30年爽秋デビュー 水稲新品種「山形112号」の名称 「雪若丸」に決定!

新着情報・トピックス

平成30年爽秋デビュー 水稲新品種「山形112号」の名称 「雪若丸」に決定!

2017.2.16掲載

 平成30年爽秋デビューする水稲新品種「山形112号」の名称が、2月16日に開催された「平成28年度第2回山形112号ブランド化戦略実施本部会議(本部長 吉村美栄子山形県知事)」において「雪若丸」に決定しました。

 この品種の“しっかりした粒感”や稲姿が男性的であり、“際立つ白さとつやのある外観”が雪のように美しいことを表し、「つや姫」の弟をイメージできる名称です。

 会議後の新名称発表会では、山形県立上山明新館高等学校の生徒会長で書道部の丹野 優唯(たんの ゆい)さんが、「雪若丸」の文字を筆で力強く若々しく書きあげ、吉村知事は「県民の皆様、消費者の皆様に愛されるよう、「雪若丸」をしっかり育てていきたい」と述べました。

 今年の秋に先行販売、そしていよいよ来年の秋には本格的な販売が開始されます。

前へ 一覧へ 次へ

過去の情報

▲ページのトップへ