ホームおいしい山形コーナー > おいしい県産農産物を食べていますか!



山形県で作られる農産物を食べることは、おいしいことはもちろん、わたしたちが健康でいるためにもとても大事なこと。
だから、今、
「地産地消(ちさんちしょう)が大切なんだよ!

■「地産地消」って何?
 「地産地消」とは、わたしたちの身近なところで作られたもの(地産)を食べること(地消)をいいます。
 逆に言えば、わたしたちが食べるもの(地消)は、身近なところで作っていく(地産)ことでもあります。
■なぜ、「地産地消」が大切なの?
  日本人が必要とする食べ物のうち、国内で作れる量はわずか40%、そのほかは外国から輸入されているものを食べているんだよ。
 この先、世界の人口が増え続けていけば、いつまでも輸入にたよっていくことはできなくなるんだ!
また、外国から輸入される農産物の中には、農薬が残っていたり、遺伝子組み換えによる作物など、どうやって作られているのかわからないものもあるよね!
・地元で採れる農産物は、わたしたちと同じ水と空気で育ちます!
 わたしたちが住んでいる土地には、その地域や環境に適した農作物が育ちます。わたしたちのからだと同じ水と空気で育った農産物を食べることは、からだにもやさしいのです。
どこで、どういうふうに作られたかわからない農産物よりも、県内で作られたものの方が安心して食べることができるよね!
 だから“安全”・“安心”なのです!
・山形県は、きれいな水と空気、大地に恵まれています。
 山形県は朝と夜の気温差が大きいから、ここで作られる野菜や果物は、光合成で作られた栄養分が“キュッ”とつまっているんだ!
 だから“栄養満点”なのです!
・やっぱり採れたてでなくちゃ!
 遠くから時間をかけて運ばれてくるものよりも、県内で採れた野菜や果物の方が新鮮!
 だから“おいしい”のです!
ところでぼくのこと知ってる?
名前は…「ペロリン」!
山形県産の農水産物やこれを使って作られている加工食品には、この「ペロリン」マークが付いているものがあります。これは、品質も良く、“安全”・“安心”な食品であることの証しです。
さあ、あなたも近くのお店やスーパーで「ペロリン」を探してみよう!

「地産地消」を進めるために、県・市町村と農協、農家、また、心を込めて作られた
県産農産物をお店に出す人たち(流通業者)など、みんなが協力してとりくんでいます。
みなさんもいっしょに、学校やおうちで「地産地消」をすすめていきましょう!
おいしい山形コーナートップへ戻る