メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る山形んまいもの探しの旅「ペロリンが行く」 > 番外編:第55回山形県農林水産祭

こんにちわ、ペロリンです!
きょう、僕は天童市の山形県総合運動公園中央広場で開催されている「第55回山形県農林水産祭」にやってきました。ここでいろ〜んなおいしいものが食べられるって聞いたから、朝ごはん抜いてきちゃったペロよ。くんくんくん……あっちからもこっちからも、おいしそうな匂いが……もうお腹がグーグーなってるペロよ〜。

お客さんもた〜っくさん!朝から大賑わいだペロね。

2005.11.6取材 取材地:天童市

ジュージュー、目からも耳からも鼻からも食欲を刺激されるペロ!

見て、見て!たまんないペロ!

くんくんくん、よーく煮込んだこんにゃくの匂いって、山形県民のDNAを刺激するペロね。

「おみ漬」「だし」は山形の食卓には欠かせないペロね。

山形はほんとに果物が豊富だペロ。

爆音とともに白い煙がもくもく、うわ〜っ、びっくりした!

山形牛の試食にみんな群がってるペロよ〜。僕も並ばなきゃ!

試食していたベガルタ仙台のサポーターさんにも大好評。「いいですね〜、この『からどり』の漬物があっさりしてておいしいですね。なかなかないですよね、こういう味は。私もお漬物は大好きですから何でも食べますよ」

「山形の食べ物はおいしいですね〜」

盛り上がってます!モンテディオ山形のサポーターさんたちだペロ。

モンテディオ山形選手のサイン会だペロ。

お腹もいっぱい、パワー満タン!スタジアムで応援するペロよ!

「はえぬきヒーロー賞」、JA全農山形さんから、「はえぬき」のお米をプレゼント

四方山会さんの餅つき踊りだペロ。

山形の味覚満載!おなかがグゥ〜

さーて、何から食べよっかな〜?朝からやる気(食い気?)マンマンの僕。会場のそっちこっちに、僕の顔がプリントされてるのぼりが立ってたりして、エヘへへ、なんだか照れるペロ〜。「ペロリン、やまがた地鶏、食べてってよ!」鉄板がジュージュー焼ける音と香ばしいおしょうゆの匂い。「やまがた地鶏振興協議会」のみなさんです。
「山形の大地で育った味なとり やまがた地鶏」は、全国的な地鶏ブームをうけて、平成16年春にデビューしたブランド。くせがなく、コクがあり、歯ごたえも良いうま味あふれるお肉なんだって。
「全国展開を進めていて、東京でも焼き鳥屋さんやレストランで『やまがた地鶏』ブランドで出してもらっています。反響もなかなかいいんですよ」

と会長の渋谷國男さん。クセがないから、しょうゆ味、塩味、どんな味にもマッチするそう。

「しょうゆ一滴とか塩少々とか、シンプルな調理でこそはっきりと味のよさが分かりますからの! 火を通しても固くならずに柔らかで、若い方にも年配の方にも好まれる味ですよ。自信作ですから、食べてみてください」

 

山形ならではの食べ物…っていったら玉こんにゃくがあるペロね。ん?あれ、これ、玉こんにゃくじゃなくて四角いこんにゃくだペロ。
「山形内水面総合漁協」さんのブースにおじゃましてみました。ぐつぐつ、大きなお鍋から真っ白い湯気が立ち上っています。
この「ちぎりこんにゃく」は、玉こんじゃなくて四角いこんにゃくを串に刺し、庄内浜で獲れたとびうおのダシで煮込んだもの。

「ペロリン、とびうおからはとってもいいだしが出るんだよ。大好評で、毎年売れて売れて困るぐらい」

と渡辺明さんが笑いながら話してくれました。

 

山形の「だし」も最近、全国的に有名になってるみたいだペロね。僕も雑誌の「お取り寄せ特集」に載ってたのを読んだペロよ。
尾花沢食品の佐藤さんです。

「シンプルな素材を生かした素朴な味が受けているようで、首都圏のいろんなスーパーからお問い合わせをいただき、置いていただいてますよ。県外でもかなり有名になってきていて、私どもも正直びっくりしているんです。素材の良さを余すところなく生かしていますし、シンプルなものが受けるという最近の時流にあってたのかな、と思います」

宮城県亘理町からベガルタ仙台の応援に来た、その名も「山形」さん。「山形のお漬物、大好きですよ。先週も銀山温泉に行ってぺそら漬け食べてきたのヨ」

山形は「果物王国」でもあるペロね。今が旬のおいしそうな果物をた〜っくさん並べているのは、天童市内の果物農家のお母さんたち「産直きらきら」のみなさん。りんご、ラ・フランス、柿などの果物のほか、果汁100パーセントジュースや手作りジャムも置いてあるペロよ。

「のどにやさしい『かりんジャム』は、私たちの自信作なんですよ」

 

「ボーーーンッ!」
ひゃー、ビックリしたぁ〜っ! このおっきな音は何? 音の先には長〜い行列が出来てるペロよ。僕も並んでみるペロよ。
東北農政局山形農政事務所の「ポン菓子無料サービス」だって!

「ばくだん」ってふうにも呼ばれてるお米のお菓子だペロね。バニラ味でほんのり甘ーく味付けしてあるペロ。子どもにも大人にも人気の、どことなく懐かしい感じが漂うお菓子だペロね〜。

「お米はもちろん『はえぬき』を使っていますよ」

ポン菓子うちわでパタパタしながら、バニラでおいしく味付け。

お米や果物と並んで山形の味の最高峰って言ったら、やっぱり山形牛ペロね〜。「山形牛」は全国でも押しも押されぬ有名なブランドに成長したペロ。
山形肉牛協会の試食コーナーにも、長蛇の列ができていたペロよ。

「山形牛には甘さとうまみがあります。赤身と脂身が素晴らしくマッチしているということですね。すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキ……評判は最高ですよ。協会でも宣伝に力を入れていますし、全国的にもシェアはかなり広がっています」

げっぷ〜、うー食べた食べた……腹くっついペロ……。でもさっぱりしたお漬物は「別腹」、なんちゃってね。山形人ならごはんの友にお茶請けに、何は無くとも欠かせないのがお漬物だペロね。
「自然食の店 桃井」さんのブースには、梅、シソの実、なんばん、カリカリ梅、ラッキョウ、大根、茄子などたくさんの種類のお漬物が並べられています。どれもこれも、大蔵村のお母さんたち手作りのものばかりだペロ。

「お店は出してないんですが、こういうイベントや百貨店の催事などに出店して、もう25年になります。おかげさまで好評で、みんなおいしいって言ってくれてうれしいですなぁ」

と代表の桃井さん。
昔からそれぞれの家庭でいつも食べているような普段着の味ばかり。なんだかホッとするペロね〜。

 

ピッチの外でも激突!?山形vs仙台

それにしてもきょうは本当にすごい人出だペロね〜。
総合運動公園の陸上競技場では「モンテディオ山形vsベガルタ仙台」そうか、きょうは「みちのくダービー」の日なんだペロ! モンテディオとベガルタのレプリカユニフォームを着たサポーターさんたちも、たくさん会場を訪れているペロね。
毎回2万人近くのサポーターでわきあがり、熱気ムンムンのみちのくダービー!

男の子2人を連れたベガルタ仙台サポーターのお母さんです。

「やまがた地鶏っておいしいですねぇ。試合を観に来るほかにも山形にはよく遊びに来ますよ。山形の食べ物……っていうと、まず思い浮かぶのは玉こんにゃくかな。山形にはおいしいものがたくさんありますよね。きょうはおいしいものも『勝ち点3』もいただいて帰ります!」

そ、それはダメだペロ! 勝ち点3だけはあげられないペロよ!僕も燃えてきたペロよ!

モンテディオ山形のサポーターさんたちも、試合を前に腹ごしらえ中。

「やっぱり山形牛はうまいですねぇ〜。きょうはモンテディオも絶対勝ちますよ!こういうイベントを試合開催日に併せて年に何回かやってほしいですね。モンテも山形の食べ物もグー!」

「地鶏も初めて食べたけど、イケるねぇ〜。山形にいるのにこういうのがあるって知らなかったよ」

ポン菓子もっちり甘いモンテディオ山形バナナ!「モンテバナナ、バンバン売れていますよ!強力プッシュ中です」

「やっぱりビールのつまみは肉だよね。ビールの次に(笑)うまかった!」

ベガルタ仙台のサポーターさんも、山形牛の試食の列に並んでいました。「山形牛、おいしいですね。仙台牛とおんなじぐらい!」

おーっ、そう来たか! ピッチの外でも「負けられない戦い」が既に始まっているペロよ!
会場のイベント広場では、モンテディオ山形選手のサイン会も行なわれていました。みんなの憧れの選手たち、カッコいいペロね〜。
よーし、お腹もいっぱいになったし、パワー満タン! 僕もきょうはスタジアムでみんなと一緒に応援するペロよ!
「がんばれ!モンテディオ山形〜!」


モンテディオ山形のホームゲームでは、勝利した試合で特に活躍した選手には「はえぬきヒーロー賞」として、JA全農山形さんから、季節ごとのおいしい農産物や「はえぬき」のお米などがプレゼントされるんだって。
この日はキックオフ前、審判団ならびにモンテディオ山形・ベガルタ仙台両チームに、おいしい「はえぬき」が贈られました。
「はえぬき」と言えば、モンテディオ山形の選手が着ているユニフォームの胸に大きくプリントされているから、Jリーグのサポーターさんたちにはもうすっかりおなじみだペロね。
選手のみんな、「はえぬき」をモリモリ食べて、これからも僕たちにいいプレーをたくさん見せてほしいペロよ。

 

楽しいイベントで目もお腹も大満足

サイン会の他にも、民俗文化サークル「四方山会」さんの花笠踊りや餅つき踊り、つきたて餅のプレゼントやおにぎり試食会など、盛りだくさんのイベントが行なわれたペロよ。
お餅や「山の鍋」振る舞いには、たくさんのお客さんが列を作っていたよ。
昔ながらの伝統の味をしっかり守りながら、また一方では時代の流れや消費者のニーズを敏感に感じ取り、新しい味を生み出す工夫を怠らない。はぁ〜、山形ってほんとうにおいしいトコロだペロね。ペロリン、幸せ♪「山形に生まれてよかったなぁ〜」って、ほっこりと実感した僕でした。


ちびっ子たちもお餅つきのお手伝い。ぺったん、ぺったん。

▲ページのトップへ