山形県では、県内のすべての農家が堆肥などを活用した土づくりを行いながら、農薬や化学肥料の使用量を減らし、人の健康と環境の保全に配慮した方法で農産物を生産する「全県エコエリア構想」を掲げているペロ。この構想の実現に向けて平成17年に「エコエリアやまがた推進協議会」を設置したペロね。

本文へ戻る