「全県エコエリア構想」のもと、環境保全型農業を拡大する取り組みを展開している山形県。その具体的な行動計画が「全県エコエリアやまがた農業推進プラン」ペロ。山形県農業技術環境課生産環境担当主査の柴田雅孝さんが、「有機栽培・特別栽培の『つや姫』もその取り組みの一つ」って教えてくれたペロ〜。

「全県エコエリアやまがた農業推進プラン」のテーマは、「有機農業など豊かな自然と調和した環境保全型農業の拡大」と柴田主査。山形県の有機農産物はほとんどがお米で、県では有機農業の取組面積を平成27年の696haから、平成32年には990haに増やすことを目標にしているペロね。

本文へ戻る