菅原孝明さんは、「成長期の大切な時期に、子どもたちに本物の味を食べさせたい」と給食の「つや姫」を提供するようになったんだって。朝、ビニールハウスの前で仕事をしていると、押切小の児童たちが元気に「おはようございます!」と挨拶してくれるのがうれしいって話してくれたペロ。

本文へ戻る