鶴岡市の「珈琲焙阡人ひぐらし」ペロよ。エチオピアに自生していてコーヒー豆のルーツといわれるワイルド・レッド・ウルフ、インドネシアのヨガ・マウンテン、だだちゃ豆コーヒー、86ブレンドと、珍しいコーヒーばかり。水にもこだわって、鳥海山の湧き水を使っているそうペロよ。

自身が究極の技術で焙煎したコーヒー豆を、車でケータリングサービスしている「珈琲焙阡人ひぐらし」の佐藤泰史さんペロね。「同じ産地の豆でも、オーガニックのものは後味のきれいさが違いますよ」って。僕も飲み比べしたら、オーガニックの豆のコーヒーはどれも後味がふっと消えていくみたいだったペロ。

本文へ戻る