JA山形市経済部農業振興課の課長で地理的表示・GI担当の鈴木公俊さん。「山形セルリー」のハウス団地は平成29年度の「山形県園芸大規模集積団地整備支援事業」のモデル団地になっていて、「JA山形市と生産者、県や市が一体になって生産振興に取り組んでいるんだよ」と教えてくれたペロ。


日本各地の特産品を国が地域ブランドとして保護する地理的表示(GI)に申請したのは、ある晩、鈴木課長が家でビールを飲みながら日本経済新聞(平成28年12月19日)を読んでいたら、たまたまGIの記事が載っていて、「山形セルリー」も登録したらいいかも…とひらめいたのが、きっかけなんだって!

普通、GI登録するにはコンサルタントなど外部の専門家に委託するけれど、「山形セルリー」の場合は鈴木課長が窓口となって直接、農林水産省の担当者とやりとりし、書類を作成してGI登録にこぎつけたそう。「これで他産地との差別化につながれば…」と「山形セルリー」愛にあふれているペロ〜。

本文へ戻る