50年前、会田さんたち4人の若手農家が、当時はまだ珍しく、野菜の中でも最も栽培が難しいといわれるセルリーを自分たちの手でつくってみたいと、セルリー栽培の第一人者だった東京都江戸川区の故・伊藤仁太郎氏を訪ねて、栽培技術を学んだんだって。その挑戦から「山形セルリー」がはじまったペロね〜。


会田さんは新規就農を希望する研修生の指導もしていて、「セルリー栽培は難しいけど、誰でもつくれるようなものは面白くない。難しさに面白みがあるんだよ」とにっこり。さすが、この会田さんがいなければ「山形セルリー」はなかったと言われるレジェンド<yロ〜!

本文へ戻る