「ふるさと味来館」がオープンしたときからスタッフとして働いている須藤千代子さんペロ。宮城県からのお客さまが結構多くて、連休やお盆などには一日100人以上ものお客さまで大忙しとか。冬場も営業していて、「雪を見に、わざわざ来られる方もいるんですよ」と話してくれたペロン。

スタッフは4人で、地元の女性の方ばかりペロ。手打ちそばをはじめ、漬物や野菜の煮物、お浸しなど、「お客さまが、大蔵村のふるさとの味≠喜んで食べてくれるのがうれしいですね」と皆さん。手づくりのおふくろの味≠ヘ、何よりのご馳走ペロね。

本文へ戻る