こちらは「ままちゃん工房おおくら」の屋台。地元の食材を使い、餃子やクッキーなど、素材のおいしさを生かした手づくりの商品をつくっているペロ。どれも、陽気なままちゃんたちのやる気≠ニまごころ≠ニ明るさ≠ェぎっしり詰まっているペロ〜ン!

屋台で、緑色の餃子を発見!これは皮の生地にほうれん草を練り込み、特産のニラなどを具に使った「焼ぎょうざ」ペロ。地元のそば粉を使った「そばクッキーおおくら君」も、雪だるまの形でかわいいペロね。僕は、「焼ぎょうざ」を食べながら、灯籠をじっくり鑑賞。目もお腹も大満足ペロ〜。

平成15年から、大蔵村商工会女性部の仲間6人で活動している「ままちゃん工房おおくら」ペロ。大蔵村の素材を使ったお土産品の開発が地域の活性化につながれば…という思いから立ち上げたそう。元気なままちゃんたち手づくりの餃子を食べて、僕もパワー全開ペロ〜ン♪

本文へ戻る