メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る > ペロリンの山形旬情報《啓翁桜》

ペロリンの山形旬情報

啓翁桜

2014年1月24日掲載

今日の旬な農産物

冬に咲く桜「啓翁桜」

啓翁桜は支那実桜と彼岸桜を交配して作られたという説が有力で、普通ですと3月下旬〜4月上旬に開花します。この桜を、気候条件をうまく利用した促成栽培で冬期に開花させています。桜は、秋になって気温が下がりだすと休眠に入ります。その後、一定の低温に当たることで準備が整い、気温が上がれば開花できる状態になって春を待ちます。あとは温室の加温により芽は動き出します。桜はてっきり春が来たと思って花を咲かせるのです。

啓翁桜の促成栽培は山形県が全国的にみても早く、昭和40年代半ばからスタートしました。また、全国で1位の生産高を上げています。

啓翁桜について、詳しくはこちらをご覧ください。
【山形のうまいもの:啓翁桜へ  】

産地情報

「啓翁桜」の主な産地

主な産地は、山形市、上山市、東根市、酒田市、川西町、白鷹町などです。

・収穫時期及び花言葉

収穫時期は12月中旬から3月までです。
花言葉は、「純潔」「淡白」「精神美」です。

産地情報

おいしい山形1月のプレゼントについて

おいしい山形ホームページの1月のプレゼントは、「啓翁桜とつや姫2kg」(100名様)と「さくらんぼハンドタオル」(200名様)です。締め切りは、1月31日(金)までです。是非、ご応募ください。

応募はこちらから
http://www.yamagata.nmai.org/present.html

※2014年1月のプレゼント応募受付は終了いたしました。

▲ページのトップへ