メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る山形のうまいもの:インデックス野菜 > いちご

山形のうまいもの

いちご|収穫時期:1月〜6月、12月

山形県では良質な「いちご」が
ほぼ通年味わえる

いちご

春の訪れを感じさせる
可憐ないちご「おとめ心」

 庄内砂丘では、戦前からいちごの露地栽培が行われ、昭和40年代からはハウス栽培に移行しながら面積を拡大してきた。長年栽培に取組む中、庄内の気候風土により適した新しい品種が待たれていたところ、県の試験場では、14年の歳月をかけてオリジナルの新品種「おとめ心」を育成。2004年に本格デビューし、出荷が始まったおとめ心は、「香りがよく、甘みもたっぷり」、「糖度と酸味のバランスが絶妙」、「生食だけでなくケーキや加工にももってこい」と市場で高い評価を獲得している。 
 おとめ心の定植は、9月中旬から10月、開花したらミツバチを使って交配し、結実後は温度管理を徹底してじっくり育てる。収穫は翌3月下旬から始まり、6月まで続く。春から初夏にかけて味わうことのできる県の主力品種だ。

「雪国ならではのいちご狩り」
赤と白のコントラストが鮮やか

 真冬に真っ赤ないちごの摘み取り体験ができる観光いちご園は、家族連れの観光客で年々賑わっている。特に近年は、いちご狩りと雪遊びが両方満喫でき、雪国ならではの体験ができると、外国人観光客の人気も高い。キラキラと光沢がある、甘くてジューシーな赤い実を口に頬張れば、誰でも自ずと笑みがこぼれる。
 いちごにはビタミンCが豊富に含まれ、野菜の中でもトップレベルにある。春から初夏に出回るおとめ心、そして「真冬のいちご…」良質で美味しい県産いちごを、もっともっと食べよう。

DATA

主な産地

酒田市・山形市・東根市・鶴岡市・寒河江市・ほか

主な品種と収穫時期

主な品種と収穫時期

▲ページのトップへ