メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る山形のうまいもの:インデックス > 果実:プラム

果物|恵まれた気候が慈しむたわわな実り

収穫時期:7月〜9月

プラム|香り高く、甘く、大きい、山形産「プラム」。

プラム|アメリカで改良後、逆輸入された日本すもも

アメリカで改良後、逆輸入された日本すもも

 プラムはすももの英名だ。日本すももは、19世紀中ごろにカリフォルニアに渡り、アメリカすももと交配、改良。これが逆輸入され、さらに改良されて現在の品種となった。
 山形県では昭和40年代半ばごろから栽培をはじめ、9割以上を内陸部の村山地方で生産する。主な品種は、ほどよい甘酸っぱさで、完熟すると皮が真っ赤になる「大石早生」、濃厚でジューシーな「ソルダム」、皮が鮮紅色で果肉が白い「太陽」。そして新品種の「秋姫」は1個150〜200gとかなり大きく、味も濃厚だ。こうして「香り高く、甘く、大きく」という、高品質の品種が出そろった。

手間をかけられ、太陽を浴びて優等生プラムへ

 プラムの栽培は「収穫後の手入れが最も大切」であり、「今年の天気が来年の収穫を決める」という。つまり樹そのものをたくましく育てることが、良い花を咲かせ、良い実を付ける条件になるのだ。
 とはいえ、ミツバチを放しての受粉後は、実と実がぶつからないように摘果するなど、栽培の手間はかなりのもの。山の斜面を利用した栽培も多く行われており、日当たりが均一なのはいいが、斜面での作業は労働量も増えるだろう。
 手間をかけられ、たっぷりと太陽を浴びれば、どんどん甘みがのってくる。こうして、味が良く、特に大玉に育ったプラムの優等生は、超高級果実として東京のデパートの棚を飾ることになる。

★主な産地★

天童市・中山町・東根市・寒河江市・山形市、村山市・ほか

★主な品種と収穫時期★

プラムの収穫時期

▲ページのトップへ

▲ページのトップへ